コールセンターで採用されるポイント

コールセンターで必要とされる能力とはどういったものでしょうか。難しく考えがちですが、意外と特別な能力は必要ありません。細かい商品知識等は研修でしっかり教えるので、自ら調べておくことはさほどありませんし、多言語に対応するための人員はきちんと雇っているので外国語の知識もいりません。ではどんな人が採用されるのでしょうか。

そこで重要なのが、パソコン入力の早さです。どこのコールセンターも、顧客管理をパソコンで行っている場合がほとんどです。電話対応中に顧客情報を確認したり、お客様からの注文を記録に残したりするために、パソコンを操作しながら話すことになります。そういった場面で、パソコン入力を素早く出来ることが強みになります。

お客様とのやり取りがスムーズになるのはもちろん、次の電話対応に移るまでの作業時間を短縮することで効率よく対応することが出来るのです。やはり、企業としてもより多くのお客様に対応したいものです。効率よく仕事を回せることはどんな職場でも必要なことです。コールセンターの場合は、直接お客様と対面しているわけではないので、より早く、より正確にタイピングできる必要性があるのです。

そういった理由で、多くのコールセンターでは採用する前にタイピングの試験を行っています。特別難しい試験ではありません。パソコンを持っていなくても、ネットカフェなどで触れることなどもできますし、普段からタイピングを意識してみれば自然と早くなるものです。自らそういった基本的な力をつけて臨めば、採用される確率もぐっと高くなるでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*