コールセンターの採用について

コールセンターは非常に大変な仕事です。お客さんからの電話の応対をするわけですが、いろんなお客さんの相手をしなければならないので、柔軟な対応ができる人でなければなりません。いろんな会社のコールセンターがありまして、そこで働く人はだいたいパートやアルバイトとして採用されていることが多いです。電話を受ける人がたくさん必要となるので、正社員ばかりを雇っていては人件費がかさんでしまうという事情からです。

パートやアルバイトでの採用が多いので、働いている人の年齢層は幅広いです。電話の応対がきちんとできる人であれば問題ないので、年齢は関係ありません。きちんと応対できる人というのは、会社によって判断基準があるでしょうが、面接をして採用を決めた人には必ず研修を行います。研修を行うことで、自社のコールセンターでどんなことをやっているかとかどんな商品を扱っているかを教えていきます。

電話応対の研修も当然行っているところが多いです。自社の電話応対のレベルに達していなければ、電話に出させることができないからです。いざ、研修が終わり、業務となったら、時期や時間によっても異なるでしょうが、電話の多さに驚くでしょう。一つ一つの電話を丁寧に応対し、そしてまた次の電話への応対をしていかなければならないのです。

慣れないうちは頭が混乱するかもしれませんが、慣れてきたら流れるように仕事ができるようになります。コールセンターの仕事は会社とお客さんをつなぐ大切な仕事なのです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*