コールセンターの求人やその仕事内容

コールセンターのオペレーター業務はアルバイトの中でも人気がある仕事の一つです。コールセンターの求人に応募するにあたりいくつか押さえておくべき点があります。コールセンター業務には発信と受信という2つの分野があります。発信業務はサービスや商品などを売り込むために顧客に電話をかけて営業するのが主な仕事になります。

電話をかける先はあらかじめ会社側が用意した顧客名簿やリストなどを元に行います。最終的にはサービスや商品の購入やアポイントを獲得することが目標になります。発信業務の場合は獲得した成果に応じて歩合給が加算される仕組みを採用している会社が多くく頑張りに応じて給与額が決まる形になっています。受信業務は保険の加入者や商品やサービスを購入した顧客の問い合わせやアフターサービスなどが主な業務になります。

その企業が提供しているサービスや商品の内容などをしっかりと把握し、顧客からの不明点や問い合わせなどに的確に応えられる知識などが必要になります。受信業務のコールセンターの多くでは実際の業務に入る前に数週間の研修が行われるのが一般的になっています。その研修を通じて商品やサービスの内容や問い合わせへの対応のしかたなどを学んでいきます。コールセンターの求人では受信・発信ともに基本的なパソコンスキルが必須となっておりとくにタイピング能力は重視されます。

面接時にタイピングのテストを行う場合も多く行って基準以下の場合は不合格になります。求人に応募する際は事前に確認しておく必要があります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*